文楽足袋とはコーポレートシンボルコーポレートメッセージ会社概要所在地・鳴門工場沿革採用情報 サイトマップお問い合わせ
鳴門
 
 
昭和18年 大阪市天王寺区にて東大阪足袋工業有限会社を設立。
昭和19年 工場を戦禍から守る為 徳島県鳴門市に工場 疎開。(現 鳴門工場)
昭和27年 文楽足袋株式会社に改組と同時に大阪市東成区に移転。
昭和40年 「ベルフォームタビ」 ウレタン素材を使用し あたたかさ がうけて大ヒット。
昭和41年 株式会社ブンラクに社名変更。
昭和42年 韓国で足袋を生産開始。
昭和45年 鳴門工場 全面改築。
昭和47年 鳴門工場に隣接して配送センター建設。
昭和50年 阿波しじら織を使った 「甚平」の藍色とサラット感がよく大ヒット。
昭和60年 阿波正藍染め 「作務衣」 が SonyFamilyClubで大ヒット。作務衣ブームの火付け役となった。
昭和62年 かかとのカサカサ解消をうたい文句に 「不思議のソックス」が大ヒット
平成元年 中国 上海で生産開始
平成 3年 中国での本格生産準備と現地従業員リーダー候補を受け入れ技術指導開始
平成 6年 中国 上海で足袋の本格生産開始
平成 7年  ブンラク本社ビル 建て替え
平成10年 WEB開設
平成13年 WEBショップ開業
平成15年 足のサイズ 3D測定器導入
平成18年 シンボルマーク変更
平成18年 WEBリニューアル
平成26年 本社を北区天神橋に移転 
現在に至ります。
   
沿革につきましてウィキペディア投稿